« ジェイに借りた『パリの確率』 | トップページ | 勢い余って「まどかブログ」スタート! »

たまった映画を消化中

 ストレスがたまってくると、買い物をする癖があって DVD をよく買います(それも中古か安いヤツね)。

 あんまりそれが増えてきたので、先日三本ほど消化しました。

フレンチ・コネクション

『フレンチ・コネクション』(1971)

 アカデミー賞受賞してるんですねコレ。『ダーティ・ハリー』同様、「きたねえデカ」を主人公にしたヤツで、短気で乱暴なジーン・ハックマンがいい味出してます。相棒は、ジョーズにも出てたロイ・シャイダー。カー・チェイスは評判どおりなかなかの迫力でしたが、いかにもな展開や主人公以外の人物造形に不完全燃焼でした(おそらくこれを模倣した亜流の映画を観すぎたせいかもしれません)。これって実在の刑事をモデルにしていて、そいつが演技指導なんかしてたらしいです。あんなデカにだけは捕まりたくない。以上。はい、次。

スーパーフライ 特別版

『スーパー・フライ』(1972)

 カーティス・メイフィールドのサントラ盤ばっかりに注目されてますが、いったい映画の方はどーなのよ、と思い、観てみました。「麻薬を取り仕切って荒稼ぎしている主人公が、カタギになろうとするが……?」、大雑把に言うとそんなストーリーです。というか、ラストも思い出せないほど印象薄し。一瞬だけ、カーティス本人がクラブで「プッシャーマン」を歌うシーンに出てますが、そこが一番の見所! すんげえかっちょええです。以上。次。

クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション

『クレイマー、クレイマー』(1979)

 筋金入りのアカデミー賞マニア・ふなこ嬢 にオススメされていた一本。『卒業』のダスティン・ホフマンがやり手の広告マンを演じ、その彼との生活に疲れて家を後にする妻がメリル・ストリープ。幼い子どもをめぐってゴニャゴニャあるんですけど(観てない人もいると思うので詳細は省略)、メリル・ストリープが勝手過ぎるよ! と思いました。僕が一番驚いたのは、タイトルの邦題が『クレイマー、クレイマー』であるのに、原題が『クレイマー VS. クレイマー』だったことです。『エイリアン VS. プレデター』と一緒ですね。ま、原題を出すとその後の展開がまるわかりだからでしょう。謎のエンディングはさておきホロリとくる大人の映画ではありました。

【消化度】 ★★★★★

◆本日の名盤……カーティスの偉大さについては今さら言うまでもありません。抑制の効いたファルセットヴォイス、宙を舞うワウ・ギター、シンプルかつ複雑なリズムが作り出す絶妙なグルーヴ……すべてがかっこいい! うーん(泡を吹いて失神)。名曲「フレディズ・デッド」収録のカーティス・メイフィールド スーパーフライ・25TH・アニヴァサリー・エディション(1972)。関係ないですが、この「フレディ」ってどんだけかっこいいヤツかと思っていたら、デブっちょのかっこわりい端役の名前でした。

スーパーフライ・25TH・アニヴァサリー・エディション

|

« ジェイに借りた『パリの確率』 | トップページ | 勢い余って「まどかブログ」スタート! »

music:soundtrack」カテゴリの記事

movie」カテゴリの記事

music:soul」カテゴリの記事

コメント

まさにアメリカン・ニューシネマ漬けでございますね。世知辛い時代、映画もハッピーエンドでは終わりません。きっとベトナム戦争でみんな病んでいたのでしょう。私、フレンチトーストといえば『クレイマー・クレイマー』です。

投稿: ふなこ | 2006.04.28 12:17

スーパーフライの25周年エディション持ってるんだあ。いいなあ。映画の方は私も見たが、「ハーダーゼイカム」同様、音楽の質の高さに映画がまるでついてってませんでした。ブラック・エクスプロイテーションってそんなもんなのかも。あ、「シャフト」は微妙におもしろいかな。

「クレイマー」の方は……かみさんが倒れて子どもの世話を任されるたびに思い出します。やれやれ。

投稿: 1tra | 2006.04.28 12:18

◆ふなこさま

>まさにアメリカン・ニューシネマ漬けでございますね。

 言われて気づいたけど、ほんとアメリカン・ニュー・シネマばっかりだね。

>世知辛い時代、映画もハッピーエンドでは終わりません。きっとベトナム戦争でみんな病んでいたのでしょう。

 なるほど。アメリカの音楽も70年代ベトナム戦争の影は色濃いからな~。

>私、フレンチトーストといえば『クレイマー・クレイマー』です。

 よ~く分かります。
 
◆1tra 先生

>スーパーフライの25周年エディション持ってるんだあ。いいなあ。

 このアルバム自体僕持ってませんよ。ベスト盤専門なんで。

>映画の方は私も見たが、「ハーダーゼイカム」同様、音楽の質の高さに映画がまるでついてってませんでした。ブラック・エクスプロイテーションってそんなもんなのかも。あ、「シャフト」は微妙におもしろいかな。
 
 『スウィート・スウィート・バック』は結構おもろかった気がしますよ。『ハーダー・ゼイ・カム』もね~音楽は素晴らしいんですけどね。

>「クレイマー」の方は……かみさんが倒れて子どもの世話を任されるたびに思い出します。やれやれ。

 よ~~く分かります。

投稿: ボン亭 | 2006.04.28 13:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまった映画を消化中:

« ジェイに借りた『パリの確率』 | トップページ | 勢い余って「まどかブログ」スタート! »