« ブラジル強化キャンペーン中 | トップページ | アナログはいい »

ゲイバー潜入記

 ※最初に言っておきますが、長文です

 金曜日。

 ある仕事の打ち上げで、新宿のタイ料理で飲みました。

 それはそれは美味しいお店で、シンハービールが次々と空いていきます。ご一緒したマロンさんもご機嫌。「また、やりましょうよ~少人数で」を連発してました。

 さて、二軒目は今回撮影を手伝ってもらった K さんのナビで歌舞伎町のバーに行きました。ここで、代理店氏が偶然同じ音楽の趣味(80年代~90年代前半の UK ロック好き)ということが判明。ライドやらストーンローゼスやら、スミスやら局部的な音楽と、ちょっとだけ仕事の話題でしばらく話し込みました。曰く「仕事抜きで飲みましょうよ! あとバンドやりましょうよ!」

 ……それにしてもこういう話意気投合するのは、ほとんど男性ですね。女性とこういう話になったことはほとんどない気がします。ま、いいけど。

Imgp5014その後、相当に酔っ払った挙句、執拗にラーメンを食べに行こうとする男性陣と別れ、またしても K さん仕切りで二丁目へ。

Imgp5032「知り合いの店があるんです」……もはやイケイケの我々(私、K さん、最強の営業 K 氏、クライアント Y 氏)に怖いものはありません。何度か角を曲がり、地下に降りていくと「W」という看板が見えます。

 ビビりつつ、ドアをくぐると普通のカラオケスナックの様子。店内のボックス席には、客が二組。一組は、老人男性の二人組。もう一組は、ホストのような男性(カラオケでクイーン「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」を絶唱中)とモデルのような美女(推定8頭身以上)。

 そのヘタクソなカラオケを聴きながら、私たちの席についてくれたのは、たろうママ(推定50歳。どっからどう見てもオバハン)と、K さんのワル時代に何かと助けてくれたというみっちゃん(本名不明。推定50以上)。

 最初はお約束の、下ネタのオンパレード。とてもここでは書けませんが、通常ありえない頻度でヒワイな言葉が飛び交います。
 
 ジェンダーネタは、知り合いのレズビアンの方に相当教育されたせいか(変な意味じゃないですよ)、過敏になっていて、普段はそうそう笑えません。でも、この場では大いに笑えました。いや、笑うしかないというべきか。
 
 それは、たろうママの露悪的かつ確信犯的な下ネタ話術によるものでしょう。
 
 しかも、それは攻めの姿勢一辺倒ではなく、ちゃんと緩急がついていて、

●最初は下ネタでつかむ
●エロ少な目で、カラオケや家族構成の話
●最後はエロなしで人生相談など


 という流れで無駄がありません。さすがプロ。

 途中、営業氏がママたちにもみくちゃにされておりました。その身体を張ったエンターテインぶりには、目を見張るものがありました。ついてくぜアニキ!

Imgp5079普通に唇を奪われる最強の営業・K氏
 
 途中で、半裸なのになぜか名刺を配り始める K 氏。美女連れのホスト氏は、双葉社『アクション』という漫画誌の編集でした。以前お世話になった K 又氏のことも知っていると言ってました。 世間は狭い。

 店の人曰く「講談社と双葉社の人がよく来るよ」とのこと。

 明け方、ママの人生相談コーナーとなり、クライアント氏は「あんた、今の奥さんとは別れた方がいいわよ」と細木数子ばりに断言されてました。

 外を出ると、もう明るくなっていました。ママの作るウーロンハイが濃すぎたのか、毒気に当てられたのか、相当な頭痛に苦しみつつ帰りました。

【新宿アンダーグラウンド度】 ★★★★★

◆本日の名盤……ママが、「最後にこれだけ聴いていって」と教えてくれたのは、お店ぐるみで応援しているという歌手・松原健之(たけし)。「之」の字は五木寛之がつけたとか(詳細不明)。彼はゲイではないらしいんですが、その女性のような美声は一聴の価値アリです。たまにお店で歌ってくれたりもすることもあるとか。生で聴いたら絶対泣きそうです。名曲「涙そうそう」収録の松原健之桜橋から(2006)。 

桜橋から

|

« ブラジル強化キャンペーン中 | トップページ | アナログはいい »

surprise」カテゴリの記事

music:japanese2000」カテゴリの記事

コメント

これがブログというモノなんですねー。
勉強させてもらいます。
自分のブログも早くこんなふうに…(´∀`;)

投稿: すじ子すじ夫 | 2006.07.21 11:11

◆すじ子すじ夫さま

>これがブログというモノなんですねー。
勉強させてもらいます。
自分のブログも早くこんなふうに…(´∀`;)

 いやいや。しょーもない話題ばっかりですよ。ええ。

 とにかく、すじ子さんのブログ……楽しみにしてますからね! 

投稿: ボン亭 | 2006.07.23 05:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲイバー潜入記:

« ブラジル強化キャンペーン中 | トップページ | アナログはいい »