« 平本アキラ『アゴなしゲンとオレ物語』 | トップページ | 思い出買い »

久我山惜景

 久我山にいるのも残り一週間。名残惜しいので、いろいろ写真で撮ってみました。

Imgp7068_1 老舗の喫茶店。小さな音量でクラシックがかかっている穴蔵みたいな店。注文すると、実に丁寧にコーヒーや紅茶をいれてくれる

Imgp7070_1 街のパン屋、と呼ぶのは憚られるほどちゃんとしたバゲットを出すパン屋。歩いて5分のところにこんな美味しいパン屋があったのは本当に幸せでした

Imgp7073_1 ケーキ屋『ロッシェ』。何か嬉しいことがあると、ここでケーキやお菓子買ってました。近所で唯一ちゃんとした洋菓子店

Imgp7074_1 『メナハウス』。いかにも、アジアンリゾート風のマンション。民家が立ち並ぶなかで、なんともスノッブな空気を醸している(今はそんなでもない)

Imgp7076_1 なんかキレイな緑

Imgp7077_1 目の前にある素敵な家。こだわりまくって作ったことがイヤというほどわかる。玄関ドア、木の窓枠、オリーブの木……憧れです(それにしても、どの部屋にもいまだにカーテンがついていないのはなぜだ)

Imgp7078_1 沈んでいく夕日を見る。そういえば、夕日がよく見える街だった

Imgp7079_1 久我山幼稚園。ここにある木は桜の大木で春はかなりキレイだ

Imgp7080_1 近所の公園にある乗り物。サッカー少年が集まる公園。ひそひそ話をする若者もちらほら

Imgp7081_1 『はた質店』。久我山を牛耳る大地主・ハタという一族の経営する質屋。何も買ったことはないが、昔からこういうところを眺めるのは好き。チャキのギターが売ってたけどまだ売ってんのかな

Imgp7082_1 久我山の一番好きな眺め。ピーコック駐車場から、空を眺める。今日もいい感じ

Imgp7083_1 『焼き鳥 いしい』。レバーと唐揚げをよく買っていた。なんでも美味しい。看板には、「お!いしい」と駄洒落たコピーが書いてある

Imgp7085_1 最近できた古本屋。安くもなんともないが、ここで安い古本を買って、お茶を飲む贅沢よ

Imgp7086_1 新しくなった久我山駅。昔はもっとショボくれた駅だった

Imgp7088_1 神田川を眺める。散歩コースにも最適な川沿い。夜は死ぬほど暗い

Imgp7089_1 これまた最近できた春木家系列(らしい)『甲斐』。つけめんの麺が日本そばみたいで美味しい

Imgp7090_1 開いているかどうかよくわからない喫茶店。越してきたときは、開いてたと思ったけどなあ

Imgp7091_1 お洒落な雑貨店。気の利いたものがいろいろ置いてある

Imgp7092_1 とても人気のある隠れた名店『ちっぷいん』。近隣の芸能人も来ているらしい。値段はやや高め

Imgp7093_1 安くて美味い焼き鳥屋。越して来てすぐ行った店。「玉三郎」(プチトマトのベーコン巻き)が美味い。やけどしそうになるけど

Imgp7101_1 そして……一番名残惜しい店『魚多』。隣の魚屋店員が、そのまま夜は居酒屋の店員になる。価格、質とも文句なし。知人を連れていくとかなりの確率でハマる

Imgp7095_1 福岡にいるんじゃないかと錯覚するほど安い

Imgp7096_1 瓶ビールを飲みながら、毒にもクスリにもならないエッセイなんかを読んでいると、ビリビリ幸せを感じます

Imgp7097_1 活きホタテ貝の磯焼き(300円)

Imgp7098_1 カキフライ(400円)

Imgp7099_1 まぐろの中落ちづけ丼(600円)

Imgp7100_1 とうふときのこの豚しゃぶ(380円)。あと、瓶ビール一本(400円)で2080円でした。食い過ぎた!

Imgp7106_1 最近見つけた居酒屋。味は濃いけど、なかなか良心的な店

Imgp7107_1 美味いらしいが、予約客しか受け付けないところが気に入らないので、結局一度も行ったことのないイタリア料理『ピッコロモンド』

Imgp7108_1 調子に乗って「久我山定食」を頼むと、毎回量が多すぎて後悔する学生さんの味方『とんかつ太郎』

Imgp7109_1 夜遅くまでコーヒーが飲めるのはここしかないのです。ファミレス『グラッチェ・ガーデンズ』

Imgp7110_1 自分の中の野生の勘が「ここには入ってはいけない」と告げるので入ったことはない喫茶店『ライムライト』

Imgp7121_1 図書館に行くときにある緑地。野菜も売ってる

Imgp7122_1 選挙のときは必ずここ。高井戸第二小学校

Imgp7124_1 前にも一度書いたことがあります。無愛想だが腕のいいあんちゃんがやっているギター工房

Imgp7125_1 よく行っていた図書館。雑誌が充実している。最近までアスベスト除去工事していた

Imgp7126_1 おおすぎ診療所。浅黒い院長がいる

Imgp7127_1_1 なんかいろいろ飾っている家

Imgp7128_1 富士見ヶ丘にあるリサイクルショップ『かっぱ堂』。CDがやたら安い

Imgp7130_1 富士見ヶ丘『なかじま』。ここも以前書いたことがある。昼間っからハートランドビールを切り子硝子で飲める店

Imgp7132_1 富士見ヶ丘には井の頭線の車庫があり、その裏手の神田川沿いにはちょっとした森が広がっている

Imgp7133_1 川には花びらがたくさん

Imgp7134_1 川沿いにつつじが咲いてました

Imgp7135_1 変な顔のオブジェ

Imgp7137_1 有機野菜を売っている『ぴゅあきっちん』。ここのみかんを食べると、スーパーのは食べられなくなります

Imgp7138_1 ピーコック裏、ハタ邸前の道路は、木がすくすく育ってます

【センチメンタル度】 ★★★★★

◆本日の名盤……6年も住んだ街を曲に無理矢理例えてみると、この曲みたいな感じだろうか(歌詞知らないので曲の印象だけで決めてます)。名曲「オータム・オルマナック」収録のキンクスSomething Else by the Kinks(1967)

Something Else by the Kinks

|

« 平本アキラ『アゴなしゲンとオレ物語』 | トップページ | 思い出買い »

gourman」カテゴリの記事

music:pop&rock1960」カテゴリの記事

recollection」カテゴリの記事

コメント

突然のコメントすいません。

最近久我山に越してきたばかりで、いろいろ調べてたらこちらにたどり着きました。

いろんなお店があるんですね~
またお邪魔します♪

投稿: mimi | 2009.02.10 14:23

◆mimiさま

はじめまして。

もはや引っ越してしまいましたが、久我山は今も大好きです。

いまだにパン屋さんには買い出しに行くほどです。

今はまたお店が増えていると思いますよ! 

参考にしていただいて大変光栄です!

投稿: ボン亭 | 2009.02.12 19:36

突然失礼します。
久我山で検索していて、拝見しました。
大学生の時、暮らしていた町なので、
懐かしい~!と感激しました。
今から30年近く前なのですが、
今でも東京に出張するときは必ず立ち寄ります。
お店はすっかり変わりましたが、町の匂いや
雰囲気は当時と変わらず、若い頃を思い出して、
元気をもらっています。
すてきな写真を見せていただき、ありがとう
ございました。また、立ち寄らせてもらいます。

投稿: ひでちゃん | 2011.03.31 10:56

◆ひでちゃんさま

お返事遅くなってすいません!

拙いブログに素敵なコメントありがとうございます。

引っ越してからは足が遠のきましたが、私も今でも好きな街です。

なお、こちらのブログは更新してない状態ですのでご期待に添えますかどうか心もとないですが、なにとぞ宜しくお願いいたします。

投稿: ボン亭 | 2011.04.03 02:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110269/14813611

この記事へのトラックバック一覧です: 久我山惜景:

» UMA 引っ越しします [レゲエとビールとGlobal Leaf 一本道]
やーまん。 引っ越しします。でおなじみの UMA だじょ! 突然ですが、UMA 引っ越しします。 理由はあまり大きな声では言えないんだけど、あちきの8808(母親)は風水なるものをやっちょ... [続きを読む]

受信: 2007.04.23 22:41

« 平本アキラ『アゴなしゲンとオレ物語』 | トップページ | 思い出買い »