« 深大寺散策 | トップページ | 新しい二分法 »

三鷹台『三鷹バル』

 先週のこと。仕事を早めに切り上げ、井の頭線に乗る。そう、今日は朝から決めていたのだ。デミちゃんが教えてくれた店に行く、と。

 各駅停車しか止まらない三鷹台駅で降り、小田急OXの先に歩いていくと…左手にあった。『三鷹バル』だ。

※バルについては、こちらをどうぞ。

Image497

 木戸を開けると、常連と思しき年配の男性が二人(どちらも40代後半)、若い女性の二人連れが一組。店内は細長いカウンターで飲む立ち飲みスタイルで、調理スペースと客との間隔が思ったより近い。

 まずは、生ビール(500円)、ガラスケース内にあった中から「アンチョビとポテトのサラダ」(400円)と、イワシのフライ(500円)を注文する。

 女性は女性同士で語りつつ、常連二人は店主の奥さんと三人で話している(店主は黙々と料理中)。自分は……会話圏内にはいるものの、いきなり会話に入るほど心臓は強くないので、ビールを飲みながら、店内の調度品を眺める。

 この店の構造上、ひとりでゆっくり……なんていうのは、おそらく難しい。なにせ、ほぼカウンター席で、カウンターに立っている限りは、会話の射程圏内に組み入れられる。元々、常連みたいに店の人と仲良くするのが苦手な自分にとって、なかなか辛いシチュエーションだ。

 しばらくすると、女性たちは帰り、常連二人と奥さんの会話が続く。聞いていると、どうも奥さんが妊娠したようで「そろそろ店に立てなくなるんです。だから、バイトを探してて」とやや深刻そうな雰囲気。次第に、出産に夫は立ち会うかどうか、という話題に移り、常連の花村萬月風の男が話しかけてきた。

 「お子さんはいらっしゃるんですか?」

 不意をつかれて驚いた。しかし、後で分かったことだがこの店の雰囲気がそうさせるのか、とにかくこの店の客は誰彼構わず気軽に話しかけてくるのだ(自分も気が大きくなって結局話しかけてた)。

 しばらく出産のことや、武蔵野の話をしていると常連が一人、また一人と帰り、入れ替わりで「アニキ」と呼ばれる大柄な男性が登場。ジャージ姿なので近所の人なんだろう。
 ぶっきらぼうにバイクの話や、酒の話で盛り上がっていたが、ふとしたタイミングで話してみると、仕事の関係で福岡に住んでたという。しかも、私の母校がある西新に! 

 「よく藤崎で飲んでたよ」

 ってローカル過ぎだよ! 中洲でも相当遊んだねえというこの人は、話を聞いているとどうも自衛隊員らしいということがわかった。道理でゴツいわけだ。

 「家で珍しい焼酎飲んでて、また別の焼酎飲んで、飲み足りないからここにきた」

 というから相当な酒豪である。ぶっきらぼうに見えたが、話してみると素朴で実直そうな印象。山小屋で管理人でもしてそうな。

 この後も、高級時計店の店員(とおぼしき男性)が加わり、しばらく三鷹台の間抜けな寿司屋の話なんかで盛り上がったが、終電が近いので泣く泣く自分のみ撤収。

 そうそう肝心なことを忘れていた。料理は美味いです。とても。

 イワシのフライは揚げたてだし、アンチョビとポテトのサラダは、バルセロナを思い出す味だった。追加で頼んだ牡蠣のアヒージョは、いったい何回バゲットをお代わりしたのかよく覚えていないぐらい夢中で食べた。常連が飲んでてあまりに美味そうだったワイン(銘柄失念)とシェリー(ラ・ヒターナ)はウマすぎた。

 しかし、美味い料理のことよりも、「なんだかオモロい夜だったな」という印象が強く残る変わった店なのである。あんな店が近くにあったら、確かに通ってしまうかもしれないな。また行こう。

【スペイン度】 ★★★★★

◆本日の名盤……夜中に帰って、これを聴いていると頭が次第に普通の状態に戻ってくるのがわかります。名盤なのは知っておりましたが、最近やっとちゃんと聴きました。名曲「ラッシュ・ライフ」収録のジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン John Coltrane & Johnny Hartman(1963)

John Coltrane & Johnny Hartman

|

« 深大寺散策 | トップページ | 新しい二分法 »

gourman」カテゴリの記事

music:jazz vocal」カテゴリの記事

コメント

いいなあ…美味そうだなあ…。
牡蠣とか、もうヤバイでしょっ!!!!冬だしっ!!!!
今度ぜひ連れてってください!!
ちなみに荻窪の例の店は、一人で飲んでても誰一人話しかけません。
お店の人もいたって寡黙なご夫婦です。

投稿: ケズル子 | 2008.01.18 21:54

スペイン酒場、いいですね。
僕も学生時代に旅行した事があるんですが、彼らが日も暮れないうちからバルで飲んでるというのは、紛うことなき真実だったようですね(笑)。
今は銀座のお気に入りのスペイン料理で、その思い出を反芻しています…。

投稿: Heavenly | 2008.01.19 02:05

◆ケズル子ちゃん

 その後早速味わっていただいたわけですが、堪能してもらえたようでなによりです。

 今度は荻窪で!

◆Heavenly ちゃん

 みんな朝から晩までバルでくっちゃべってますよね。

 マドリッドで入った店は、足元が紙クズだらけで笑いました。

 スペイン料理は、大好きなんでええとこあったら教えてください!

投稿: ボン亭 | 2008.01.21 17:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110269/17737578

この記事へのトラックバック一覧です: 三鷹台『三鷹バル』:

« 深大寺散策 | トップページ | 新しい二分法 »