« あの記事をもう一度 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

突然の邂逅

長い道のりになるなあと覚悟していたそのとき、突然出くわしました。

例の記事に。

(下の写真は、近所で50%オフで売っていた宝島5冊。もちろん1988~1991あたりの持ってない号です。

Rimg0435

5冊買ったうち、最初に開いた一冊目にそれはありました。

Rimg0424問題の1989年10月号。表紙はカステラのトモ?

Rimg0427小林よしのりもこのころは、おぼっちゃまくんの人でしたね。マンガのネタになっているのは、宮崎勤の事件のようです。

Rimg0428いろんなバンドが、宝島の中に連載ページを持っていました。ブルーハーツ、ジュンスカ、そしてこれはジギー。マンガは喜国雅彦。

Rimg0429中森明夫の「東京トンガリキッズ」も読んでたな~。

Rimg0432カールスモーキー石井も投稿作品を批評してたりしました。

Rimg0433岡崎京子はエロ4コマ描いてます。

Rimg0430唐突に「URC」のページとかある。なぜ?

Rimg0425で、問題の記事がこれ! 「題名のない音楽会」という記事で、どんと(Vo,G)と岡地明(Dr.)のインタビュー。そして、ボ・ガンボス全員によるオススメレコードが10枚。全然どんと単独の記事じゃねえ! これを発見したとき、メチャ欲しいレコードを発見したとき同様、小声で「キタ……」と呟いてしまいました。気持ち悪いですか。気持ち悪いですね。

Rimg0434記憶違いもありましたが、おおむね合ってました。

参考までに。

●どんとのオススメする一枚
ローリング・ストーンズ『ガット・ライヴ・イフ・ユー・ウォント・イット』×

●キョンのオススメする一枚
クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル『スージーQ』×

●永井のオススメする一枚
ジミ・ヘンドリックス『エレクトリック・レディ・ランド』×

●岡地のオススメする一枚
ロバート・ジョンソン『キング・オブ・デルタ・ブルース・シンガース』○

おお! 岡地のオススメ以外持ってない(笑)

そのほかは、こちら。

●ミーターズ『セカンド・ライン・ファンク』(これタイトル間違えて覚えてました)×

●プロフェッサー・ロングヘアー『ニューオーリンズ・ピアノ』○

●スライ&ザ・ファミリーストーン『グレイテスト・ヒッツ』○

●サム・クック『ライヴ・アット・ザ・ハーレム・スクエア・クラブ、1963』○

●ボ・ディドリー『ボ・ディドリーズ・ビーチ・パーティ』×

●ドクター・ジョン『ガンボ』○

※○→持ってる ×→持ってない

 ぼちぼちこれを頼りに、聴いてみようと思います。

【エウレカ度】 ★★★★★

◆本日の名盤……先日、100円でたたき売られているところをサルベージした一枚。昭和の名曲を英詞、仏詞でカヴァーしたミニアルバムです。コンセプト自体に目新しさはありませんし、悲しいほどジャケットはダサいですが、内容はなかなかのもの。荒々しい録音がまた好みです。ニューオーリンズ風のセカンドラインファンクアレンジでカヴァーしている名曲「銀座カンカン娘」収録の 東京フラミンゴ(2003) 

東京フラミンゴ

|

« あの記事をもう一度 | トップページ | 明けましておめでとうございます »

book」カテゴリの記事

music:japanese2000」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110269/42626253

この記事へのトラックバック一覧です: 突然の邂逅:

« あの記事をもう一度 | トップページ | 明けましておめでとうございます »