music:brazil

校長はブラジル人

 木曜日。

 ライブ嫌いなのに、ジョアン・ジルベルト公演に行ってきた。

1)年齢的に考えると最後の来日タイミングではないか(現在75歳)
2)前回の評判が良すぎた(ある人からは「なぜ行かないんだバカ!」と本気で罵られた)

 大きく分けてこの二つが理由である。

 しかも、なかなか踏ん切りがつかず、当日決心して、当日予約した(そんなこと初めてだ)。

 会場の有楽町の東京国際フォーラム A。一階席は満席で、二階席の S 席はガラガラ。おかげでゆったり座れる。ブライアン・ウィルソンを観たときとは大違いだ。開演時間(19時)に間に合うように駆けつけたものの、全然始まらない。

 というより、ジョアンは気難しくて有名なミュージシャンだ。突然キャンセルってのもあるかもしれないし、そもそも時間通り来るとは誰も思っていない。待たされる価値のあるものなので、誰も怒ったりはしない。みな思い思いに本読んだり、おしゃべりしたり……余裕あるなあ。年齢層はやっぱりかなり高め。

 19時が過ぎたあたりのアナウンス。「アーティストの到着が遅れております。もう少々お待ちください」……どよめき。ジョアンだからしょうがないな、というような雰囲気。

 19時40分のアナウンス「ただ今、ホテルを出たとの情報が入りました」……会場が笑いに満ちた。そうか、やっと出たか。勝手にホテルの部屋でひげを剃っているジョアンの姿を想像して、ちょっとおかしくなる。

 20時過ぎ、照明が落ちる。青いスポットにステージが照らされる中、拍手の中、身奇麗な老人が舞台ソデからギターを持って現れる。遠くてよくわからないが、まるで小さな学校の校長先生が挨拶に出てきたような感じ。

 椅子にストンと座った後、突然つぶやくように歌い始めた……あの声だ! 15~6年前から聴き続けているあの声が、実に複雑なギターの音色とともに、静まり返った会場に響き渡る。

 曲が終わると雪崩のような拍手。すぐにイントロ~終わるとまた拍手。といったような MC もなにもない素っ気無いステージだが、まったく飽きない。歌と、ソロも何もないギタープレイ。なのに、なぜこんなに飽きないのか。複雑なメロディーラインをあの声で訥々と歌いこなすのにも感動したが、やっぱりあのギターだ。聴いたこともない複雑なコードが次々と現れては変化し、舞い上がり、そして着地する。いや、そんなこ難しいことは考えなくてもとにかく繊細で優しい音の渦。

 ふと、目の前で聴いている音が、たった一人から紡ぎ出されているという当たり前の事実にハッとする。なんて豊かな音だろう。ここまで来ると、伴奏者なんて要らない。最良の料理は、そのまま食べればよい。無駄な付け合せは要らない。そういう感じに近い。

 実は、彼のレコードは結構持っているが、有名な曲しか覚えていない……「ソ・ダンソ・サンバ」「ディサフィナード」「シェガ・ヂ・サウダージ」そして、「ガロータ・ヂ・イパネマ」(個人的には、「ウェーブ」の開放感と「ドラリセ」の絶妙なリズムに感銘を受けた)。しかし、そんなことはもはや関係ない。ただ、ただ身をゆだねる。目を閉じる。それだけでいいじゃないか。

 「校長」は、左足をブラブラさせながら自由自在にギターを奏で、二度のアンコールに応え、途中で一度だけ間違い、そしてソデへ消えるたびに、律儀にペコリと頭を下げていた。

 周りを見てみると、みんな微笑んでいる……と思ったら、自分もいつの間にか笑っていた。

Photoこんな貼り紙が出ていたらしい。後で教えてもらいました

【スマイル度】 ★★★★★

◆本日の名盤……高校のとき、「ボサノヴァ」を百科事典で調べてから、天神のタワーレコードで『ゲッツ&ジルベルト』を買ったときのことは今でも覚えています。今まで聴いたことのないハーモニー、リズム……どれもが驚きでした。あれから僕はあなたのファンです、ジョアン。当時の妻ミウシャとのデュエットも美しい名曲「イザウラ」収録のジョアン・ジルベルト三月の水(1973)。 

三月の水

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブラジル強化キャンペーン中

 先日、思うところあって、ブラジル音楽の CD を何枚か買いました。

サマー・サンバ+2
アストラッド・ジルベルト&ワルター・ワンダレイ『サマー・サンバ+2』(1966)

Caetano Veloso
カエターノ・ヴェローゾ『Caetano Veloso』(1986)


Toninho Horta
トニーニョ・オルタ『Toninho Horta』(1981)


サンバ’68
マルコス・ヴァーリ『サンバ’68』(1968)


モード・リーヴリ
イヴァン・リンス『モード・リーヴリ』(1974)


 ただ……カエターノ以外は、ロクに聴いてません。とりあえずカエターノ最高! で、オススメはなんてヤツでしたっけ、もとのじ主人?

 みなさん、ほかにもいいのあったら教えてください。

【未消化度】 ★★★★★

◆本日の名盤……ほんとーに恥ずかしいんですが……このアルバム初めて聴きました。まだ、『ファースト・サークル』と、『アズ・フォールズ・ウィチタ、ソー・フォールズ・ウィチタ・フォールズ』しか聴いてませんけども、今のところパット・メセニー外れなしです。いや、ほんとに。名曲「ジェームズ」収録のパット・メセニー・グループオフランプ(1981)。 

オフランプ

| | コメント (11) | トラックバック (0)

仲直りするための音楽

 今週の金曜日で結婚4周年。

 相変わらず夫婦間のケンカは絶えない。そういうときには、一枚のCDを聴くことにしている。

 それは……「結婚式用に編集したベスト盤」だ。聴くと、当時の気持ちを思い出し、少しだけ優しい気持ちになる。いや、本当に。

 すでに結婚した人はともかく、これから結婚する人はそういうものを仕込んでおくと、後々イザというときに役立つだろう。

 以下、ボンソワール家のリスト。参考までに。

【人前式】
--------------------入場のときに使用
青春の輝き~ヴェリー・ベスト・オブ・カーペンターズ
●We've Only Just Begun / The Carpenters

後日、70年代に行われた結婚式の大半でこの曲が使われたと知った。邦題は「愛のプレリュード」。ダサい……。

--------------------人前式で誓いのサインをするときに使用
Pet Sounds
●You Still Believe In Me / The Beach Boys

この一曲しか用意してなかったので、ずーっとこの曲がかかっていた。

--------------------退場のときに使用
Silk Purse
●Will You Love Me Tomorrow? / Linda Ronstadt

キャロル・キングの有名曲カヴァー。このアレンジが一番好き。

【披露宴】
--------------------出席者の入場するとき(3曲を順番に)に使用
エッソ・トリニダード・スティール・バンド!
●I Want You Back / The Esso Trinidad Steel Band

ご存知ジャクソン5の有名曲をスティール・パンでトロピカルにカヴァー。

ザ・ビートルズ

●I Will / The Beatles
『ホワイトアルバム』にひっそり収録された佳曲。すごく好き。

35th Anniversary Collection

●I Gotta Dance to Keep from Crying / Smokey Robinson & The Miracles
上手く言えないけど、この曲にあふれる「空騒ぎ感」に惹かれます。

--------------------乾杯の音頭直後に使用
The Best of the Ronettes
●Baby, I Love You / The Ronettes

フィル・スペクターの最高傑作と勝手に思ってます。

--------------------歓談のとき(3曲を順番に)に使用
Today! Summer Days & Nights
●Please Let Me Wonder / The Beach Boys
ブライアン・ウィルソン節炸裂のいい曲。最高。

“ラント”ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン

●Be Nice to Me / Todd Rundgren
トッド・ラングレンの超ポップ曲。縁起の悪いジャケとは裏腹に泣かせる。

After The Gold Rush

●Only Love Can Break Your Heart / Neil Young
ヒリヒリしたニール・ヤングも好きだが、こういうメロウなのも好き。

--------------------新婦退場のときに使用
●Moon River / Eydie Gorme
小洒落たアレンジが、ゴーメのこってりヴォーカルを中和。

--------------------新郎退場のときに使用
Let's Get It On
●Let's Get It on / Marvin Gaye

男臭く、エロい感じ。

--------------------お色直しの入場のときに使用
Endless Harmony Soundtrack
●Surfer Girl (Binaural Mix) / The Beach Boys

英語の分かる人は「なんでこの曲?」と思ったに違いない。

--------------------妻が親宛の手紙を読むときに使用
●Little Girl Blue / Nina Simone
前の記事の名盤紹介記事参照。

--------------------再び歓談のとき(?)に使用
Lady Soul
●Groovin' / Aretha Franklin

UAが売れる前に、よく歌っていた曲として有名。

le-pop-1-boo




●Bon Voyage / Mathieu Boogaerts
トーレ・ヨハンソンプロデュース。そういう音。

--------------------出席者退場のときに使用

Endless Harmony Soundtrack
●Soulful Old Man Sunshine / The Beach Boys
ドキュメンタリーのサントラにのみ収録。聴くと元気が出る。

●Come with Me / Eric Kaz
小沢健二もパクった曲。この人は、「オヤジのアイドル」らしいです。

ベスト・オブ・グレン・ミラー

●Little Brown Jug / The Glenn Miller Orchestra
『グレン・ミラー物語』を観て、この曲がとても好きになった。

 ちなみに、後日調査してみたところ、僕のかけたベスト盤について覚えている来場者は誰ひとりいなかった。

 ……ま、そういうもんですわな。

※つい先日結婚したS氏が、ボ・ガンボスの「泥んこ道を二人」で退場していた。実にナイスな選曲と言えよう(僕のテーブルでは大合唱していた)。

【使える度】 ★★★★★

◆本日の名盤……歓談のときにかけたアルバム。小粋なアレンジでボサ風味のジャズ・ヴォーカルを聴かせる。最初アロマ嬢にカセットで聴かされ、あまりの素晴らしさに、すぐに買いに走ったが廃盤で手に入らず……しょうがないので、ニューヨークに行くという友人にこのレコードを買ってきてもらった。後日福岡の中古盤屋でCDを発見。次いで渋谷のユニオンでレコードを見つけた。いったいウチには何枚これがあるんだろうか。世界で最もキュートなレコードのひとつ。名曲「メロディ・ダモール」収録のイーディ・ゴーメブレイム・イット・オン・ザ・ボサ・ノヴァ - 恋のボサノヴァ』(1963)。

ブレイム・イット・オン・ザ・ボサ・ノヴァ - 恋のボサノヴァ

| | コメント (14) | トラックバック (0)

思わぬ再会

 金曜日。  

 提出するものがたくさんあり、頭がぐるぐるしていた。 周囲を見ると、ぐるぐるしている人ばっかりだ。実に忙しそうである。  

 そのうちの一人(向かいの女性)から間違いメールが届く。  

 最初は、自分にも関係あるんだろうなあと熟読したがどう考えて知らない案件のイラスト修正について書いてある。これは僕宛ではない。  

 それよりも、そのイラストが使用してあったウェブマガジンの記事に目が留まった。

しがらみだらけで苦しいぞ!
ネットの世界はなにげに窮屈。

 この中に「初恋の人をネットで検索すると、その行方がわかる」と書いてあったので、息抜きを兼ねて早速トライしてみた。

 ……出てきたよ! 本当に。

 初恋の人は、現在、地元の某団体で理事長を務めていた。写真まで出ている。容貌は年齢相応に老けているが、確かに彼女だ。出会ったのは中学のときで、確か転校生だったように記憶している。

 しばらく、中学の同級生(どちらも見つからず)や、高校のときに仲良くしていた女の子(一人は東京の出版社にいるらしい)の消息を探っていたけれども、わかったからどうなんだと我に返り、止めた。

 いろんな人と出会って、別れてきたんだな、と今さらながら思った。

【プレイバック度】 ★★★★★

◆本日の名盤……彼女の写真を見た瞬間、うれしいような、恥ずかしいような気持ちになった。ふと、DVD『SARAVAH 「時空を越えた散歩、または出会い」 ピエール・バルーとブラジル音楽1969~2003~で耳にした、マリア・ベターニャの力強い歌を思い出した。身震いを覚えるような、「生」そのものを吐き出す歌。ブラジリアン・ミュージックの巨匠、カエターノ・ヴェローゾが手がけた名曲「ベイビー」収録のマリア・ベターニャ『Recital Na Boite Barroco 』(1968)。

Recital Na Boite Barroco

| | コメント (7) | トラックバック (0)