music:funk

8.12 新宿セッション

 土曜日。

 前日夜の送別会(一次会は仕事で行けず、二次会で合流、三次会はジェイと二人でガイ飲み、早朝カラオケをやっていた連中に最後だけ合流)が響き、睡眠不足のまま新宿へ。

 ドラマーの H 氏は、この日のためだけに、群馬から上京してくれました。夜勤明けに。

 というわけで、グダグダのリズムセクションな上に、練習は4ヶ月ぶり……不安な気持ちでいっぱいです。

 そして、私はといえば、肝心のエフェクター電源を忘れ、アンプ直結でやる羽目に。楽器のショボさが目立ちます。

 最初の方は、自分の指もまったく動かず、どーしたものやらと思いましたが、だんだんとカンを取り戻してきました。

P060812_1456渋いスライドとハーモニカ、ギターソロでもイカしたフレージングを連発する宅ロックさん

P060812_1500肋骨にヒビが入っていても、徹夜明けでもロックする H 氏。調子が悪いのか、ドラミングはややおとなしめ。右奥は、ロックしないと具合が悪くなるワントラ先生

 中でも、新曲のホール&オーツ「フォール・イン・フィラデルフィア」は、自分好みの変なビートで結構楽しめました(ハマっていたかはともかく)。もちろん、ニール・ヤング「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」も混沌としていて、ええ感じでしたね。個人的には、「ウィリン」のスライドギターにニヤリとしました。

 やっぱり、デカイ音を出すのは楽しいです。

【当日の演奏曲目一覧】

ホール&オーツ「フォール・イン・フィラデルフィア」
ニール・ヤング「ダウン・バイ・ザ・リヴァー」
和田アキ子「ボーイ&ガール」
水森亜土「すきすきソング」
CCR「プラウド・メアリー」
リンダ・ロンシュタット「タンブリング・ダイス」
ドクター・ジョン「アイコ・アイコ」「レット・ザ・グッド・タイム・ロール」
アレサ・フランクリン「ラヴ・ジ・ワン・ユー・ウィズ」
CSN&Y「ヘルプレス」
リトル・フィート「トゥー・トレイン」「ウィリン」
リトル・ミルトン「ザッツ・ホワット・ラヴ・ウィル・メイク・ユー・ドゥー」
ローリング・ストーンズ「リトル・クイニー」

【エンジョイ度】 ★★★★★

◆本日の名盤……「すきすきソング」をファンクな感じで弾いたら、宅ロック先生が高速カッティングで乗ってくれて、さらに H 氏のドラミングもそれにあわせて変化し、原形をとどめないぐらい真っ黒な歌になってました。こういうのはやっぱり醍醐味ですね。ファンクといえば、個人的にはこれです。名曲「ギヴ・イット・アップ・オア・ターニット・ア・ルース」収録のジェームズ・ブラウンIn the Jungle Groove

In the Jungle Groove

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DS Liteがやってきた!

 先日ふと欲しくなって探し回ったものの、まったく手に入らず、嘆きの夜を過ごしておりましたが、やっと手に入れました DS Lite!

Dscf0011

 ゲーム嫌いで知られる私ですが、今回どうしても欲しくなったのは、『スーパーマリオ』がどうしてもやりたい、というのに加え、珍しく妻も「欲しい」と口にしていたからです。

 激しく品切れが続く DS Lite もさすがに『スーパーマリオ』発売日には、入荷されるだろうと思っていたところ、案の定すんなり手に入りました。

 とりあえず、『スーパーマリオ』と妻が欲しがっていた『脳を鍛える 大人のDSトレーニング』を買ってみました。

 いや~、画面キレイっすね~。

 ケータイゲームなんて、おそらくゲームウォッチ(1980?)ぶりぐらいです。まともに遊んだのは、Nintendo64の『スターフォックス』(1997)以来。

 全然やりこんでないので、楽しみです。

 ところで、4~5年前に、おもちゃメーカーを取材した際、老人向けゲーム開発の話を聞いて今ひとつピンとこなかったんですが、よく考えると DS の大ヒットって、そういった「大人の知育玩具」のニーズに支えられているのかもしれませんね。

【満足度】 ★★★★★

◆本日の名盤……またしてもまったく音楽聴いていません……こういうとき、個人的に聴きたくなるのは、真っ黒けのダンス・ミュージックです。自分の中で真っ黒けアーティストとしてベティ・デイヴィス、チャールズ・アーランド、そしてもちろんジェームズ・ブラウンがすでに殿堂入りしているわけですけれども、やっぱりとどめはこのバンドです。汗と脂でヌラヌラと黒光りしています。名曲「マイ・シスターズ・アンド・ブラザース(デイ・イズ・カミング)」収録のダイク・アンド・ザ・ブレイザーズ『Funky Broadway: The Very Best of Dyke & the Blazers』。

Funky Broadway: The Very Best of Dyke & the Blazers

| | コメント (5) | トラックバック (0)