music:reggae

無意識にも……

 土曜日。  吉祥寺のユニオンで、CDを漁る。

ザナドゥ

ザナドゥ(1980) / Electric Light Orchestra & Olivia Newton-John
中心メンバーのジェフ・リンは、元ビートルズのジョージ・ハリスンと親交が深く、ハリスンやボブ・ディランとトラヴェリング・ウィルベリーズ組んだり、一連のアンソロジーシリーズをプロデュースしたりした

Nowhere

Nowhere(1990) / Ride
ビートルズ愛を公言していたバンド。当時は、大抵の新人バンドがそう呼ばれていたように、「90年代のビートルズ」と呼ばれていた(確か)

The Rutles

The Rutles(1978) / The Rutles
モンティ・パイソンの一員、エリック・アイドル率いるビートルズ・パロディバンド。ここにも書いてあるが、そこはかとなくパクりつつも、ほとんどオリジナルに昇華しているのはさすが。公式サイトも無駄に凝っていて素敵

20070924_421523

We All Together(1972) / We All Together
上のリンク先で紹介されていて、思わず買った一枚。ペルーのバンドらしいけれども、まんまビートルズですよこれは! 曲というよりは、道具立て(録音方法、機材?)が似ている感じ。恐るべしペルー……

 で、結局、何が言いたいかっていうと、無意識に買ったこの四枚の中心には、ビートルズがいた、という話です。やっぱり、オレ、ビートルズ(的なもの)が好きなんだなあ。

【マージービート度】 ★★★★★

◆本日の名盤……ジャケが素敵なんで、つい買ってしまった一枚。ジャマイカ出身のジャズ・ピアニスト、モンティ・アレキサンダー。どれもこれも弾きまくりのスイングしまくり。ジャズの名曲がスティール・パンメインで別物になったりしていてなかなか楽しい。「インプレッションズ/ソー・ホワット」収録のモンティ・アレキサンダー ジャズ・カリプソ~モンティ・アレキサンダー・カリビアン・ベスト(2004)

ジャズ・カリプソ~モンティ・アレキサンダー・カリビアン・ベスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに……

 買っちまったよ! ベースを! 

 ハードケースが重過ぎ。

Image148

 デミちゃんの「フェンダー USA製 のプレシジョン、音ぶっといっすよ」という言葉でテンションが上がり、試奏もせずに買っちまいました。弾いてみたら、確かに太い! もうね、今までのフェンダージャパン製ジャズベースが「2B ぐらいの鉛筆」だとしたら、「毛筆」ですよ、「毛筆」(わかりにくいか)。

 で、もちろんローンです。20回払い。

 元を取るために、頑張って弾いて上手くならねば。 

【気合度】 ★★★★★

◆本日の名盤……ちょっといい楽器を入手→元を取るために頑張る→必然的に上手くなる、というムシのいい効果を期待しているわけです。まずは、たくさん聴いて、たくさんナイスなベースラインを耳に叩き込まなければならん、と思い、手に取ったこの LP がまた全曲素晴らしかった。ファンキー&メロウな名曲「ハーティング・ミー」収録のアルトン・エリス Sunday Coming(197?)

Sunday Coming

| | コメント (4) | トラックバック (0)

DEAN&DELUCA のアイス

 イライラすると、甘いものをヤケ食いする癖がある。

 特にアイス。アイスは危険だ。「でも、アイスはローカロリーだって、くみさんも言ってたし……」と無理やり理由をこじつけて、いつも食べる。

 食べるとちょっとほっとする。何がほっとするかはいまだに分からない。

 で、先日すごーくイライラしていたので(大抵は仕事のことです)、ここぞとばかりにDEAN&DELUCA の新製品「ブルターニュ キャラメル ウォールナッツ」を食べた。ちなみに、DEAN&DELUCA はニューヨークにある惣菜屋らしい。

 うーん……どうなんだろうこれ。塩味がきいているので、他のキャラメル味のものとは比べ物にならないぐらい食べやすいが、それにしても同じラインナップのグレードからすると最下位かもしれないなあ。

【私的格付け】

 1位……カリフォルニアストロベリー
 
甘みも酸味も軽やかかつゴージャス! 満点

 2位……ベルギークーベルチュールチョコレート 
 
超濃厚。夏に結構食べた

 3位……マダガスカルバニラ
 
美味かった覚えがあるけど印象薄し
  
 4位……ブルターニュキャラメルウォールナッツ
 
濃厚すぎる! 以上

 ファミリーマートで売ってます。一個280円。ハーゲンダッツしか知らない方は、一度お試しあれ。あと、別にイライラしてなくてもどうぞ。

【がっかり度】 ★★★★★

◆本日の名盤……偶然レゲエコーナーで見つけたこのレコード。裏面には、英語で「恋人と二人で聴くのにオススメ」とかそういう甘ったるいことが書いてあって、ほんまかいなと聴いてみたら、本当にスイートなソウル・ミュージックでした。そしてこの人、実にナイスな低音ヴォイス。名曲「ワン・ウーマン」収録のボリス・ガードナー A Soulful Experience Is...』(2004)。ちなみに、これはカヴァー中心のちっともレゲエじゃない『Soulful Experience』(1970)とレゲエ全開の『What's Happening?』(1970)のカップリングCD。

A Soulful Experience Is...

| | コメント (5) | トラックバック (0)

六本木『N』

 今から数年前のこと。

 知人が六本木のバーで働いていた。

 六本木の交差点からロアビル方面に向かって歩いていき、飯倉片町の交差点を右折、50メートルほど歩いたところの二階にその店『N』はあった。

 店内は相当に薄暗く、バー席が7〜8席、テーブル席が14〜5席だったと思う。首都高に面していたせいか、ガンガン音楽をかけても文句を言われないところもお気に入りで、おまけに楽器もあった。知人はそこでたまに客のリクエストを受けて歌を歌っていたらしい。

 時折、僕らはここに集い、自分たちのお気に入り音源をめいっぱいのボリュームでかけ、興に任せて(楽器を弾く人が多かった)、気ままなセッションを繰り返した。

 そんな雰囲気がとても心地よく、場所の不便さはさておき、声をかけてくる外人の客引きを振り切りつつ、よく通った。まだ、僕は青山一丁目に勤めていたから、タクシーで外苑東通りを下れば、わりとすんなり着いた。そこで、気ままにビールや演奏を楽しんでから、近くのラーメン屋に繰り出したこともある。今では考えられない話だ。

 こんなこともあった。

 ある日その店で、旅行で訪れた恐山の写真を自慢していたところ、水子地蔵の写真にさしかかった瞬間、かけていたCD(新品)がブチッと止まった。僕を入れて三人ほどしかいなかったが、お互いの顔を見合わせ、急いでその写真をしまった(以後その写真は見ていない)。恐山の来訪帳に「恐山で写真を撮ってはいけない」と書いてあったのをそのとき瞬時に思い出した。

 なぜか、最近『N』のことをよく思い出す。

 あれから、店自体を閉めたのか、その知人が辞めてしまったのか、どちらかだったと思うが、とにかく六本木自体から縁遠くなってしまった。

 あの店には、学生時代のような、ゆるい空気が流れていた。知人宅にたむろし、青臭い議論をふっかけたり、限度を考えず酒を流し込んだり、新しいレコードに耳を澄ましたり、気ままなセッションを繰り返したり……暇だけはあった学生時代のそういうムードが、まだ少しだけ『N』には感じられた。

 別に学生時代に帰りたいとは思わないが、たまには、ああいう雰囲気で酒が飲みたいなんてことを考えてみたりするのである。

 今となっては、贅沢な話だけれど。

 【憧れ度】 ★★★★★

◆本日の名盤……今、飲みながら聴きたい音楽は間違いなく「ロックステディ」だ。前回の日記を書いてから、ずーっとリタ・マーリィのことを考えていたら、ディスク・ユニオンでこんな CD を発見! 副題は『ベスト・オブ・リタ・マーリィ 1967-1972』。興奮して声が出そうになる自分を抑え、競歩のようなスピードでレジに並んだ。思いは通じるものだ。初期リタ好きなら即買いですよ、ダンナ。名曲「プレイ・プレイ」収録のリタ・マーリィPlay Play 』(2004)。

Play Play

| | コメント (6) | トラックバック (0)

一駅の幸福

 やっと仕事の大波を越えたと思ったら、またやってきた。

 これが「波」かと思ったら、「切り立った崖でした」みたいな、障害の質が違う仕事。スケジュールもきつい。これに加え、プライベートでもあれこれがあり、ただただふさぎこんだり、愚痴を言ったり、なんだか、ひでえ人間になってます今。関係者でなければ、なるべく近寄らないことをオススメしたい。

 粛々とあらゆる感情を押し殺して進めれば、年末あたりは少し空く予定。まだわからんけど。

 それはさておき、最近深夜まで仕事して帰宅し就寝。昼ごろ出社という、あんまり人間としてよろしくないスケジュールで生きているのだけれど、意外といいこともある。

 昼過ぎに久我山から渋谷方面の電車に乗り、新聞か本に目を落とす。あたりは晴れていて、眺めはいい。大体は急行に乗るので、永福町を過ぎ、ごちゃごちゃした明大前を過ぎ、下北沢にたどりつく。

 そこで、新聞や本を閉じ、外を眺める。

 池ノ上を過ぎたあたりから緑が増えはじめ、駒場東大前で視界が一気に開ける。赤や茶色に色を変えた樹木が生い茂る様は、東京の一等地とは思えない。学生の実験用なのか畑もあり、この一帯だけ、郊外の公園みたいだ。

 紅葉を終えた木々は、色とりどりの表情を見せる。空気も澄み渡っているせいか、空も青いし、日差しはとにかく暖かい。つまり……最高の気分だ。このまま電車を下りて、寝転がり、昼寝でもしたくなる(できないけど)。

 しかし、当然こんな気分は長続きしない。

 車両が駅を離れ、少し経つとまた味気のないビルや住宅街に視界が埋め尽くされ、暗い構内の神泉駅にさしかかるとイヤでも、現実に引き戻されてしまう。

 案外、今の荒んだ生活に一番潤いを与えているのは、この一駅の眺めなのかもしれないな、と思った。

 【癒され度】 ★★★★★

◆本日の名盤……いつ、どんなときに聴いても、リタ・マーリィ(ボブ・マーリィの奥さん)のこの曲は最高だ。途中でテンポがズレてたりとか、ミスタッチがあるとか、そういうことはどうでもよくて、この曲のひたすら美しいコーラスに身をゆだねていると、20かそこらの自分の姿を思い出す。そういえば、このアルバムはコンサートスタッフのバイトをやった帰りに、その給料で買ったのだった。リタ・マーリィの名曲「ア・デ・ポン・デム」収録のSka Bonanza: The Studio One Ska Years 』(1991)。

Ska Bonanza: The Studio One Ska Years

| | コメント (13) | トラックバック (0)

胎教音楽について

 月曜日。

 妻相手に DJ。 いや、正確には子ども相手というべきか。

 イヤフォンの片方を妻に、もう片方を自分につけ、手ごろな曲をかけてみた。  

 まずは、最近感銘を受けた、  デリック・ハリオットのロックステディ(レゲエとスカの中間形)「ザ・ルーザー」。  子どもがぴくりと動いた。ふむ。こういうのが好きかキミは。  

 次に、ご存知ブルーハーツ「少年の詩」BLUE HEARTS収録)。  

blue

 

 

 

 
 ぜんぜん動かず。ちょっと早すぎたか。 彼らの怒りは赤子には届かない。 

 次に行こう。シンガー・ソング・ライターといえばこの人。キャロル・キング「ホーム・アゲイン」「ソー・ファー・アウェイ」(ともにつづれおり収録)を連続で。

 carole 

 

 

 

 
 妻曰く、「(子どもが)ぐるぐる回ってるよ」。まさか。サーカスじゃあるまいし。 

 次。大御所ジャパニーズ・スカ・バンド、デタミネーションズ「マンゴ・ロック(ショック・ステディ)」(Chat Chat Determination収録)  

deter

 

 

 

 
 ぴくりと動く。  

 こんなのはどうだろう。こってり風味のラテン・ソウル、ジョー・バターン「アンダー・ザ・ストリート・ランプ」『シンギン・サム・ソウル』収録)   

bataan_singinsomesoul

 

 

 

 
 やはりぴくりと。ずいぶん濃い口好きだな。

 最後は、ニューヨーク出身のシンガー・ソング・ライター、ローラ・ニーロ「ルー」イーライと13番目の懺悔収録)  

laura

 

 

 

 
 ぴくりと動いた。  

 結構趣味が合いそうで、今から楽しみです。

◆本日の名盤……以前はピンとこなかったのに、今聴くと鋭く心に刺さってくる名曲というものがある。曲も熟成期間が必要ということだろうか。このアルバムはかなり前に買ったものだが、これを買った自分の審美眼を褒め称えたくなった。極上のスウィートなコーラス・ワーク、満点を与えたいロックステディの名曲、「ザ・ルーザー」収録のオムニバス『レッツ・ドゥ・ロックステディ~ザ・ストーリー・オブ・ロックステディ 1966-1968』(2002)。

B0000630XV

| | コメント (6) | トラックバック (1)

誰かが見ていた

 木曜日。

 いつもの席で座って隣の同僚と話していると、人の気配がする。ずいぶん近くに寄ってきてるな。鼻息が聞こえる距離。
 
 話の切れ目で、ふと振り向いてみたら、いつもは女性誌の編集者たちでにぎやかな席には誰もいない。

 「おかしいな人の気配がしたんだけど」

 と言うと、一緒に話していた同僚が、

 「やめてくださいよ。気持ち悪い」

 と苦笑していた。いや、確かに誰かいたんだって。

 金曜日。

 火曜日から続く、いろんな仕事上のあれこれでイライラしていた。
 
 普段は、「地味〜に、誰に怒るわけでもなく、粛々と生きていたいタイプ」と自覚している。

 しかし世間には、そうした地味に生きている人材を、エジプトの奴隷のごとくコキ使おうとする不届きな輩もいる…今回の一件でそれがよく分かった。まったくもって腹が立つ。腹が立ち過ぎて、眠れない日さえあったぐらいだ。

 そんなとき、先輩のKさんから、突然点取り占いをもらった。え? 点取り占いを知らない? 

 もらったヤツを早速開いてみると……

DSCF0044


 あの気配の正体が、きっとたしなめたんだと思う。

本日の名盤……「怒り」をストレートに表現できない自分にとって、音楽で「怒り」を表現できる人は尊敬の対象だ。「怒り」を陽気なリズムに乗せた歌がてんこ盛りのボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ『アフリカン・ハーブスマン』(1973)。

B000095J72

| | コメント (7) | トラックバック (0)

トーキョー地震被害レポート

 土曜日。

 昼から会社で仕事していたら、いつもと違うタイプの揺れがきた。足下の直下で掘削機で掘っているかのようなダダダダという衝撃。

 「これが縦揺れってヤツか」と妙に納得した瞬間、強い揺れが起きる。会社は雑居ビルの9階だから、当然メチャ揺れる。「死ぬな、これは」なんてことも考えた。

 他の人も結構出社していたから、ところどころで叫び声が。後ろの女性誌編集部はひときわキャーキャー言っていた。

 生まれて初めて机の下に入りました。だって、こえーんだもん。マジで。

 一緒に仕事していたデザイナー氏は、なぜか帰り支度しているし、日頃から「九龍城」と言われるほどのカオスぶりを呈していた営業氏の机は、甚大な被害を見せており、電車は止まっていた(わが井の頭線はビンビンに動いてたけどね!)。

 しかし、一番恐かったのは、家の被害だった。部屋にあるCDラックは天井まであるヤツだから、そこからドシャドシャ落ちていたらどうしよう……なんていう不安で部屋に戻ると、拍子抜けだった。

 出かけたときと変わっていたのは、本棚に置いていた自転車用のボトル


DSCF0040





 が落ちていたことだけかと思いきや、何だこれ。


DSCF0041





 クラフト紙でできた細い筒が落ちていた……どこにあったんだろうか。これが家の大事な部品だったらイヤだな。

 ま、いいや。

 とにかく、心配してくれたIBIZA嬢、ネピアさんありがとうございました。てんで元気ですよ。

本日の名盤……こういうリラックスしたノリのアコースティック・レゲエを聴いていると、生きてて良かったなとしみじみ思います。「フォース・オブ・ジュライ」収録のクリス・マーレイ『コレクテッド』(2004)。

B0002MOMCI

| | コメント (9) | トラックバック (0)