music:soundtrack

『死刑台のエレベーター』

 10/19の誕生日に、ふなこ嬢からこんなイカしたDVDをいただきました。

死刑台のエレベーター

死刑台のエレベーター』(1957)

 ヌーヴェル・ヴァーグ初期の傑作。全編にわたって流れるマイルス・デイヴィスの気だるいトランペット、緊張感あふれる展開、ジャンヌ・モローの美貌に圧倒されっぱなしの90分でした(意外と短い)。好きだなあ、こういう映画。

 以前観たときから10年以上も経っていて、細部がまったく思い出せないことで、かえって新鮮に楽しめました。インドシナ戦争や第一次大戦など、フランスが体験した戦争が案外重要なファクターだったりして。

 それにしても、ふなこさんはいつも何かしらステキなDVDをくれるんですが、そのヒネリ方に毎回感心します(去年は『パリ、テキサス 』。(ちなみにこの作品と悩んだという『ビッグ・フィッシュ 』も面白かった)。

 一体、どういう基準で選んでいるのか、今度聞いてみたい。

 あ、遅くなりましたが、お祝いの言葉をいただいた sei さん、同僚のみなさま、O くん、両親、そして妻に感謝です。ありがとうございました!

【カンゲキ度】 ★★★★★

◆本日の名盤……『死刑台のエレベーター』みたいにサントラを即買いするものは少ない。よっぽど感動しないと買わないことにしているせいもある。いままでに買ったのは、ホントに数える程度で、『カンザス・シティ』『ファントム・オブ・パラダイス』『ブギー・ナイツ』……ぐらいかな。そして、これ。久しぶりに聴いたら、朝向きの目が覚める感じだった。名曲「 威風堂々」収録のサントラ ブラス!(1997)

ブラス!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまった映画を消化中

 ストレスがたまってくると、買い物をする癖があって DVD をよく買います(それも中古か安いヤツね)。

 あんまりそれが増えてきたので、先日三本ほど消化しました。

フレンチ・コネクション

『フレンチ・コネクション』(1971)

 アカデミー賞受賞してるんですねコレ。『ダーティ・ハリー』同様、「きたねえデカ」を主人公にしたヤツで、短気で乱暴なジーン・ハックマンがいい味出してます。相棒は、ジョーズにも出てたロイ・シャイダー。カー・チェイスは評判どおりなかなかの迫力でしたが、いかにもな展開や主人公以外の人物造形に不完全燃焼でした(おそらくこれを模倣した亜流の映画を観すぎたせいかもしれません)。これって実在の刑事をモデルにしていて、そいつが演技指導なんかしてたらしいです。あんなデカにだけは捕まりたくない。以上。はい、次。

スーパーフライ 特別版

『スーパー・フライ』(1972)

 カーティス・メイフィールドのサントラ盤ばっかりに注目されてますが、いったい映画の方はどーなのよ、と思い、観てみました。「麻薬を取り仕切って荒稼ぎしている主人公が、カタギになろうとするが……?」、大雑把に言うとそんなストーリーです。というか、ラストも思い出せないほど印象薄し。一瞬だけ、カーティス本人がクラブで「プッシャーマン」を歌うシーンに出てますが、そこが一番の見所! すんげえかっちょええです。以上。次。

クレイマー、クレイマー コレクターズ・エディション

『クレイマー、クレイマー』(1979)

 筋金入りのアカデミー賞マニア・ふなこ嬢 にオススメされていた一本。『卒業』のダスティン・ホフマンがやり手の広告マンを演じ、その彼との生活に疲れて家を後にする妻がメリル・ストリープ。幼い子どもをめぐってゴニャゴニャあるんですけど(観てない人もいると思うので詳細は省略)、メリル・ストリープが勝手過ぎるよ! と思いました。僕が一番驚いたのは、タイトルの邦題が『クレイマー、クレイマー』であるのに、原題が『クレイマー VS. クレイマー』だったことです。『エイリアン VS. プレデター』と一緒ですね。ま、原題を出すとその後の展開がまるわかりだからでしょう。謎のエンディングはさておきホロリとくる大人の映画ではありました。

【消化度】 ★★★★★

◆本日の名盤……カーティスの偉大さについては今さら言うまでもありません。抑制の効いたファルセットヴォイス、宙を舞うワウ・ギター、シンプルかつ複雑なリズムが作り出す絶妙なグルーヴ……すべてがかっこいい! うーん(泡を吹いて失神)。名曲「フレディズ・デッド」収録のカーティス・メイフィールド スーパーフライ・25TH・アニヴァサリー・エディション(1972)。関係ないですが、この「フレディ」ってどんだけかっこいいヤツかと思っていたら、デブっちょのかっこわりい端役の名前でした。

スーパーフライ・25TH・アニヴァサリー・エディション

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ある Web 編集者の一日

 今回は、「いったい何をやっているかよくわからない」と言われる Web 編集者の一日についてレポートしたいと思います。  

 9時半起床。おにぎりと味噌汁で朝食。  

 10時過ぎ出社。  

 10時半~ 新規サイトについての社内打ち合わせ。女性誌の面々にアイデア出しをしてもらう。  

 11時半~ 週末に控えた社内カラオケ大会の練習。真夏日の外練習。すぐ汗だくになる。  
 
 13時~ 持参の弁当でバカサイト見たりしつつ、自分の席で食事。   
 14時~ 運営サイトの定例ミーティング。自分の仕事が遅れているので、がんばらないと!  
 
 16時~ 一緒に仕事した代理店の人がウェブ広告の賞を受けたので、その表彰式に参加。業界人だらけ。  

 18時半~ 新規サイトについての社外打ち合わせ。  

 20時~ 食事。  

 21時帰社。残務処理。  

 23時帰宅、入浴、就寝。  

 入社して以来、一番立て込んでた一日かもしれません。  ああ、眠い。  

◆本日の名盤……眠くて頭が朦朧としている。おまけにカラオケの練習で、プールで一泳ぎしたかのような身体のだるさ。シャットダウンしそうな頭の中で流れていたのは、ディスコ・クラシックのエモーションズ「ベスト・オブ・マイ・ラヴ」。全然好きな曲じゃなかったのに、ポルノ男優が主人公の映画で効果的に使われていて一発で好きになった。映画も、サントラも最高です。ディスコ・サウンドってこんなにかっこいいんだと改めて思わされたブギー・ナイツ』(1998)

B00005GKY5

| | コメント (5) | トラックバック (0)