trip

深大寺散策

 日曜日。  

 そば食い&墓参りに、深大寺へ。  

 あまりの紅葉の見事さに興奮する。  

 そういえば、昔、宮崎駿がひとりでそば屋にいるのを見かけた。あの気持ちはわかるなあ。  

 観光地なんだけども、アクセスが悪いので観光地になりきれていない(スレていない)あたりが、とても好み。  

Image392紅葉がホントにきれいです。外国人の人にもオススメのビューティフル・スポット。なんもないけど

Image390_3万霊塔の近くに立っていたのぼり。木の実ナナもさぞかしつらかろう。あと、「港区 吉田美奈子 愛犬(?)マグ」というのぼりも。これ、あの吉田美奈子なんだろうか。


 そば食って、万霊塔と本堂にお参りして、団子と饅頭食べて、だるま買って、バスで帰りました。

 いい土地です。深大寺。

【サライ度】 ★★★★★

◆本日の名盤……同僚キャナドゥに教えてもらった珍盤。リトル・クリーチャーズがプロデュースしているので、音はかなり先鋭的でかっちょいい。なのに中山美穂の声で台無し……ま、それもまた味か。中山美穂は一体何をやりたかったのか。緊張感漂う「ビシソワーズフラワー」収録の中山美穂 manufesto(1999)

manufesto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/29 帰省七日目

 食い物の話ばっかりですが……。

Imgp8137ワガママ言って、海へ連れて行ってもらいました。宗像大社から海へ至る一本道

Imgp8145喜ぶかと思った娘が泣きまくってしまったので、残念ながら撤収(写真はいつでも早足で先に行く父)

Imgp8152絶対また来よう

Imgp8155人気すぎて予約が取れないという『よしだ』。今度こそ絶対食ってやる!

Imgp8166〆は、博多駅『名代ラーメン亭』で。娘は初ラーメン体験だった

【とんこつ度】 ★★★★★

◆本日の名盤……元ルースターズの花田裕之は、僕の中では「相当かっちょいいギタリスト」のひとりです。花田氏のゴリゴリしたギターの音色が泣ける名曲「雲がちぎれる時」収録のUA 11(1996)

11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/28 帰省六日目

 いよいよ最後の晩餐の日。

Imgp8031ホテルで引き上げる準備。朝、ロビーってボーっとしてたら見覚えのある顔が通り過ぎる。って花田裕之やんけ! なんかトクした気分

Imgp8045タクシーで博多駅へ。これは何川だっけ?

Imgp8087夜は、じじばばと近所の『巧』へ。どんなものが食べられるのか楽しみ

Imgp8090なにはなくともビール

Imgp8092まずはゴーヤと昆布の佃煮の和え物

Imgp8093タコとカニの酢の物

Imgp8095じゅん菜とハマグリの潮汁

Imgp8100お造り。ウマすぎる……

Imgp8102あっさり炊いた煮物。味はもちろん、見た目も相当美しい。プロの仕事です

Imgp8103エビの塩焼きと卵焼き、もうひとつは忘れた。当然ウマい

Imgp8105ボリュームありすぎの角煮。しかも、母親の分まで平らげる。ウマいけどそろそろ限界ッス……

Imgp8106〆のごはん、味噌汁。お漬物。

Imgp8110油断したら、天ぷら来襲! 死ぬから!

Imgp8111茶碗蒸しさえ、憎く見える(ウマいけど)

Imgp8112オアシスのような果物。ここまでで3~4千円ぐらいのコースでした。ごちそうさまでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/27 帰省五日目

 この日は、サンリブで買い物をした後、天神へ。

Imgp7988サンリブの飲食店が集まるスペース(名前忘れた)で昼食

Imgp7990ごぼう天うどん。あまりにしょっぱいので、店員に注意したら「すぐ作りなおします!」と言って、スープの濃度が薄くなった同じうどんが運ばれてきた

Imgp7992一緒に食べた、牛肉の炊き込みご飯。やたら美味い

Imgp7995それにしても暑い……

Imgp8000プラザホテル天神に再びチェックインした後、耐え切れずアイスを食す。ネーミングのベタさも地元の特徴

Imgp8002それにしても、定食安すぎ

Imgp8001大名はこういう変な路地がまだまだある

Imgp8010今度は妻の具合が悪くなり、結局旧友の S と Y とでメキシコ料理屋『エル・ボラーチョ』へ。その後、美人姉妹の経営するバー『ORGA』へ。Y の行く末を肴に飲む

Imgp8027自分ばかり楽しんでは申しわけないので、夜遅くまでやってた『六葉亭』でタルト、プリン、シュークリームを妻子に買って行くことにした

Imgp8026帰り際、ツタヤができていたので寄ってみた。スピッツ『色色衣』と、MOTHER EARTH『The Desired Effect』購入

Imgp8028焼酎だらけの酒屋

Imgp8029すいません! 帰りに『一心不乱』でラーメン食べました!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9/26 帰省四日目

 この日は、買い物好きな父が貯めこみに貯めこんだ冷蔵庫の掃除、洗面台の掃除、電球の交換、エアコンのカバー交換など。

Imgp7970『デオデオ』というところでお買い物。妻子が寝た後は、近所のつぶれそうな中古盤屋で、『ロスト・イン・トランスレーション』を観る。福岡で、「日本(東京)を旅する外国人の物語」を観るのはなんだかヘンな感じ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9/25 帰省三日目

 毎回帰省のメインテーマは、「ジジババ接待」なので、とにかく一緒にいてもらうようにしてます。ふたりとも喜んで手伝ってくれるので、いろいろありがたい。

Imgp7922この日は『グローバルアリーナ』へ。写真はここのバイキング料理。郷土料理「だぶ汁」というものを初めて食べた

Imgp7927最終日以外、ずっと快晴

Imgp7928巨大な子ども用の遊具。まるで城

Imgp7944ド田舎なはずなのに、なんか外国のようだ

Imgp7953開発が進む実家近くの商店街。大半はシャッターがおりている

Imgp7954_2ラーメンの『八福』がヘンなスナックに。美味かったのになあ、残念

Imgp7957予算消化のため、来年の三月までに開発をしないといけないらしい。あちこちにこんな看板が

Imgp7958駅から、岡垣方面を眺める

Imgp7959この駅から離れて15年にもなる

Imgp7960たんぼのあちこちに彼岸花が

Imgp7961緑に映える赤

Imgp7963そして、米も収穫の時期

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/24 帰省二日目

 食い倒れは続きます。

Imgp7869子ども連れは、ベビーカー&荷物が多いので、混んだ狭い店には入れません。だから百貨店の屋上は便利なのです。『はーべすと天神』の日替わり

Imgp7879最寄駅から、実家へ向かう。まっすぐな道だなあ

Imgp7887出てきた刺身。どれもウマー!

Imgp7888ウチのちらしは甘くない。母親があっと言う間に作ったカニちらし。そうそうこの味なのよ。結局は

Imgp7889つるむらさきのおすまし。これもよく食べたなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9/23 帰省一日目

 なかなか整理する暇がないんですが、帰省のときの写真などを。

Imgp7858この店に来ると娘が呪われたように泣き始める。去年もそうだった。天神『キャトルセゾン旬』の十六穀米のカレー。味は普通

Imgp7859本日は知人と会うので、プラザホテル天神に妻子とお泊り。しかし! 出る直前に子どもがグズり始め、結局自分だけ出席(すんません)。案内された大橋『かね作』の刺身盛り。白いのはアナゴの刺身。当然メチャウマい

Imgp7864屋久島焼酎「三岳」。初めて飲んだけど美味かった! 貴重なものらしいのでなかなか手に入らないらしい

Imgp7866テンションの上がった野郎ども三人で『一風堂』のラーメン(白)

Imgp7868丸永製菓の「あいすまんじゅう」。Sは、「この外側が美味い」と主張するとおり、練乳バリバリの超濃厚風味。あと、小豆入りすぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大島ソロ・キャンプ

 ふと、夏らしいことがしたくなり、ひとりで大島に行ってきました。土曜から日曜まで。

Imgp7652_2 金曜の夜に装備一覧を確認。分かってるよ多すぎるのは! でも、持って行きたいんだモン!

Imgp7654_2 俺さまの真っ赤なかっこいいザック。Lowe Alpine の50リットル

Imgp7655_2 三鷹→東京は、早朝にもかかわらず結構混んでた。そこから先はガラ空き。窓の外は海の東海道線

Imgp7657_2 熱海駅→熱海港のバスはメチャ混みだったけど、熱海港はちょっと空いてた。熱海→大島は、ジェット船で片道5000円ちょっと

Imgp7658_2 さらば熱海。横に座った快楽亭ブラックみたいな顔のオッサンが、突然志ん朝の CD を取り出して聴き始めたのには笑った

Imgp7662_2 熱海から45分ほどで到着。途中で、「ただいま、大型の海洋生物が多く生息するエリアに入りましたので、減速運行いたします」というアナウンスが。イルカとかクジラとかはっきり言えよ!

Imgp7663_2 あしたばおにぎりセット(400円)。味は……まあ普通の味。名物のべっこう寿司を食べようかと思ったけど、なんとなく止めた

Imgp7664_2 雑誌『dancyu』にも紹介されたという、『ONE PACK HOUSE』のドーナツ。あとで食べたら、油でベッタベタでした。クドすぎ

Imgp7666_2 だから、荷物が多いのはわかってるって!

Imgp7668_2 船が着いた北部の岡田港から、目的地の南高校前までは、途中島西部の元町で乗り換えが必要とのこと。というわけで、まずは元町まで。350円也。まるでジャングルの中のような道(島のMAP)

Imgp7670_2 島の西部・元町に到着。ここは比較的開けている。といっても、実家(福岡)の漁港の方がよっぽど栄えているイメージ。みやげもの屋は、どこも名産の椿油が売られていた

Imgp7672_2 何かを狙う猫

Imgp7673_2 元町の海側はこんな感じ

Imgp7678 バスは、千波地層切断面を通り過ぎる

Imgp7711_2 南高校前到着。ゲゲッ本当に何もねえ!(元町から、島の周縁をぐるりと南下して600円ちょい)。ちなみに、走っている車はみんな品川ナンバー。高校内部にある空調工事の看板には、施行主として「石原慎太郎」と書いてあった。東京なんだよね。ここ

Imgp7708_2 看板も何もないが、ここしかないと思った道がキャンプ場入り口だった

Imgp7681_2 しばらく整備されていない道を20メートルほど歩くと、急に整備された公園が現れた。トウシキキャンプ場だ!

Imgp7683_3 キャンプ場は断崖の上にあり、その下は絶好の釣りスポットと書いてあった。が、予想以上に海が荒れていて、波の高さを見た瞬間「これは命がけだな」と思った(動画アリ)

Imgp7685_3 海風を防ぐ壁があり、風をモロに受けない&トイレなどが近いこともあり、ここにテント設営(微妙に斜面だったので、大変寝づらかった。みなさん、平面に張りましょうね)

Imgp7686_3 フライシート(雨よけ)もあるが、暑いのでとりあえず本体だけ設置。思いのほか簡単だった

Imgp7687_3 で、ここから磯に下りていったんですが……波荒すぎだよ! 魚は釣れるかもしれないけれども、自分が魚の餌になりそうだったので、泣く泣く撤収(釣っていて、波が迫ってきてチビりそうになった)。写真は、15時過ぎに何もやることがなくなったので、ベンチでビールを飲むの図

Imgp7689_3 暇なので、キャンプ場を歩き回る。いや、これが広いのなんのって。確か説明書きには、「100人収容」って書いてあったような。この時点で、他の客は二組だけ。小道などを散策

Imgp7691_3 ここは、トウシキ遊泳場。自然の防波堤が一枚あるおかけで、沖に流されることはなさそう。確かに、この荒波にもかかわらず、ガンガン人が泳いでいる。みんなワイルドだなあ

Imgp7693_3 何年ぶりかに出したテントは、大変カビ臭かった!

Imgp7694_3 しょうがないので、芝生に寝そべってみる。うーん背中がチクチクする……

Imgp7696_3 横になったら、眠くなってきて、一眠り。起きて、近くのスーパー「なんぶストア」で買い物することに

Imgp7697_3 「なんぶストア」で買った手製の煮物。甘めだが美味かった

Imgp7698_3 なんぶストアで買ったレトルトカレー「Lee」の10倍。持ってきたソーセージ。持ってきた米(これは炊くの失敗してメチャ硬かった。食いすぎ……。この後、すぐに眠くなる

Imgp7702_2 夜になると、サイクリングチームの四人組と、無軌道なバーベキューボーイズ四人組、ツーリングカップル二人組が加わる。こういうとき、ひとりが染みますなー。ふなこさんからいただいたランタンは超役立ちました

Imgp7704_2 仕事のことや、家のことなんかを考えていたら、いつの間にか寝ていた。サイクリングチームの朝体操のかけ声で目が覚める(6時ぐらい)

Imgp7706_2 海は? 海は……シケてるな……

Imgp7707_2 サラダスパゲティ(麺が細いのですぐ茹で上がる)に、明太ソースをからめて食べる。うん、美味い

Imgp7710_2 手早く撤収。7時半のバスに乗る。これ以降だと、微妙に乗り換えで失敗しそうなので……しょうがない。あと、運転手は行きに乗った、とても愛想のいい人(松方弘樹似)と同じだったのに、超感じ悪かった

Imgp7712_3 岡田港や、ここ元町にたくさんある屋台。どの屋台もほとんどこのデザイン

Imgp7713_3 いい天気の元町。バス待ちのひととき

Imgp7715_3 待合所みたいなものがあったので、中で涼む。誰もいない。そして、自販機でもなんでもある

Imgp7720_3 元町から岡田港へ。バスには一人しか乗っておらず、貸切状態

Imgp7722_3 途中にあった駐在さんの家。モロ家です

Imgp7723_3 なんとか9時40分の船に乗れました。が、直前に岡田港でタカベとムロアジが爆釣でした(すぐに出航だったので釣れず……チキショー!)。そして、ここは熱海港

Imgp7724_2 竿を出した時間がおそらく2時間に満たなかったので、欲求不満に。諦めきれず、港を歩き回っていると……ありましたよ釣り場が! ただ、ここでも遠投のカゴ釣り仕掛けでサバか何かが爆釣でした。カゴ釣り仕掛けなんて持ってねーよ!

Imgp7726_3 あーあ、と思いながら熱海港を熱海駅まで上がる。途中見えた海は大変きれいでした。メチャ混みの熱海ドトールで、パニーニ買って家路につきました

【バケーション度】 ★★★★★

◆本日の名盤……柵もない真っ黒な火山岩の崖を歩いていると、本当にここは東京なんだろうかと何度も何度も思いました。生きていることと死んでいることは紙一重なんてことも考えてみたり。以前、東京ザヴィヌル・バッハを買ったときにもらったサンプル CD に入っていたこの曲ばかり聴いて、肝心のザヴィヌル・バッハは結局ほとんど聴かなかったような気がします。名曲「To-jim-bo」収録の川嶋哲郎 My Soul(2000)

My Soul

| | コメント (6) | トラックバック (0)

多摩湖サイクリングロード

 土曜日、予告どおり、自転車で多摩湖サイクリングロードを突っ走り、多摩湖まで行ってきました。

 三鷹~花小金井~小平と、西東京を突っ切る形でこの道は延びています。

Image188 緑が多くて癒される

 およそ12時前に出発。ほぼ一時間ほどで到着しました。

Image189クラシカルなドーム屋根の建造物は、取水塔でした。特撮番組のロケにも使われていたらしい

 せっかくなので、湖をぐるりと回ろうと思いましたが、雨がポツリときたので早々に撤収。また来ればいいし。

 帰りに、昼飯でも食おうと、ぶらぶらしていると、昼飯どきを過ぎたのにメチャ混みの店を発見。

Imgp7472 外から見てもなんか期待できる東村山『きくや

 やたら愛想のいいおばちゃんに「3Lの冷」を注文

Imgp7470独特の食感は、中国の「刀削麺」に近いかも。ついつい暑かったので冷を頼んだが、熱い方がよかったかも。悔やまれる

 つらつらと帰りながら、小平のあたりの自然に触れる。そういえば、東京に初めてちゃんと遊びに来たのは、兄が住んでいた小平だった。「東京なのに田舎だなあ」と思った。

Image190「打製石斧を作ろう!」という催しがまったくもってシブい「小平ふるさと村」。今度寄ってみよう

 その後もいろいろ走ったので、合計45キロほどでした。この日はぐったり疲れて8時には眠りにつきました。いいなあ自転車。

【爽快度】 ★★★★★

◆本日の名盤……このサイクリング中、カラオケで歌ったこの曲がなぜか耳から離れませんでした。名曲「夜が明けたら」収録の浅川マキ DARKNESS1(1995)

DARKNESS1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧